TOP

難波の風俗嬢との体験談を読んで下さい。

難波風俗で味わう関西弁の女の子

大阪に初めて来訪!ということで、色々と遊びまくりましたよ。そしてもちろん、難波も堪能しましたよ。宿泊地も難波の近くにしていたんですが、どうせだったら風俗で遊びたいなと思い、さっそく難波で風俗探しに便利サイトをチェック。人気の高そうな風俗店を選び、その店に電話。すぐに女の子を派遣してもらいました。スタイルはちょいぽちゃって感じでしたが、顔はそれなりに可愛らしく、許容の範囲内でしたかね。しかし、それはどうでもよかったのです。何がよかったのかと言いますと、関西弁でしたね。関西弁でプレイをしてくれたので、なんか興奮も10倍ぐらいになっていたかもしれません。本来は2発で果てていたのに、今回は3発も出ましたよ。それを見た時に、デリヘル嬢も「すごいですね……」と驚いていました。いや、これは私も驚いていますからね。そんなことを言ったら、彼女は笑っていました。とにかく楽しい一夜を過ごせましたよ。難波の風俗は良質ですね。関西弁を聞きながらのプレイ、またしたいなぁ。

いろいろ考えた風俗でした

難波に遊びに行きました。勝手なイメージで、難波にはギャルがたくさんいるんだと思っていたのですが、実際のところは、そんなことなかったですね。そして、そこからふっと風俗を使いたいと思った僕。正直、なんでそうなったのかはわかりませんが、いつの間にかムラムラしてきちゃいました。とりあえず利用をすることに。難波にはいろんな風俗店があるので、とある名の知れたお店を利用してみることにします。ちなみにフリー指名しました。でも、難波だし質の高い子が来るだろうと思っていたら、普通の女の子がやってきました。「こんにちは」と言われて、こちらも「こんにちは」と返します。そして自然とプレイをさっそく開始。気持ちよかったですが、普通って感じでしたね。プレイ後は、女の子に「いやぁ、難波ってもっとギャルが多いと思っていたのだけど」と言うと「ギャルの定義はわかりませんが、それなら私も黒髪のギャルになりますよ?」と言われました。言われてみたらそうかもしれませんね。ギャルの定義ってなんだったんだろう?改めて考えましたね。悩む。